にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:21:14.

FreshReaderを再設定 サーバPHPが4から5になって

私はブログの巡回に「FreshReader」というRSSリーダーを使っています。PHPで動作するシステムで、さくらインターネットのレンタルサーバ上にセットアップして使っています。cronを使って1日2回自動巡回するようにしてあります。

FreshReader:システムの設定方法ページが表示されてしまうさて、今さくらインターネットでは、標準で使用されるPHPのバージョンを4から5に順次上げていく作業が行われています。で、PHPが4から5に変わると、「FreshReader」が(そのままの設定では)動作しなくなるという情報を以前から耳にしていました。私の使っているサーバでも、とうとうPHPのバージョンアップが行われたようで、先日、FreshReaderにアクセスすると「システム設定方法」の案内ページが表示されてしまって、(FreshReaderの)動作が止まっていました。

幸い事前に情報は掴んでいたので、慌てず再設定。いろいろ報告してるサイトがありましたが、最も分かりやすかったのは以下のページでした。感謝。
さくらインターネットでPHP5にバージョンアップした時のフレッシュリーダー設定方法

さくらインターネット上でFreshReaderを利用する場合、このFreshReader自身が表示する設定方法を行うだけでは動作しないようです。「php.iniファイルに書き加えなければならない」と指示される記述の一部を修正する必要があります。これ、事前にこれらの情報を掴んでなかったら相当苦労しただろうな……と思います。(^_^;;;

あと、cronを使った自動巡回も、-cオプションを加えてphp.iniファイルの場所を明示するようにしないとうまく動作しないようです。この情報も知らなかったら相当苦労しただろうなあ……。試行錯誤したり問い合わせたりして解決策を見いだしてくれた先達に感謝。(笑)

私がこの nishishi.com の運営のために使っているさくらインターネットのサーバは比較的小さい番号だと思うんですが、FreshReaderを稼働させているのは、こことは別にもう1つ契約しているサーバで、こちらは比較的新しい(大きい)番号です。PHPのバージョンアップは古いサーバ(小さい番号のサーバ)から順次行われているようなので、私がFreshReaderを稼働させているサーバではつい最近まで行われなかったのでしょう。

そのおかげで私が対処を迫られる頃には、既にネット上にはさくらインターネットのPHPバージョンアップ作業によって発生する種々の問題をまとめたサイトがたくさんあって、事前に読んでおくことができたため、無駄なく対処できました。
新しいサーバにこんなメリットがあるとは思わなかったなあー。(^_^;;;

# このnishishi.comを運営している側のサーバでは、PHPを使ってるシステムはWordPressしかなく、WordPressはPHPが4から5に変わっても特に問題なく動作し続けてくれたようで、特に問題は発生しなかったようです。(ちなみに、このブログはMovable TypeなのでPerlで動いてます。)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---