にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:26:36.

Googleマップの「ストリートビュー」日本版が提供開始

阪急宝塚駅前(Google Street View)Googleマップで「ストリートビュー」の日本版サービスが始まりました。
「ストリートビュー」というのは、今までGoogleマップで提供されていた「地図」・「衛星写真」・「地形図」に加えて、Googleが自動車に搭載したカメラを使って道路から撮影した写真が見られるサービスです。
写真は周囲360度をぐるぐる回して見られる上に、マウスでドラッグすることで下側に向けたり(=地面が見える)上側に向けたり(=空が見える)できます。
右図は、阪急宝塚駅前の地図でストリートビューを表示させてみたところ。(リンクになってるので、クリックするとGoogleマップの該当ページに飛べます。)

これ、てっきり東京とか大阪とかみたいな大都市とその周辺だけが対象なのかと思ってたんですが、なんかうちの近所(※兵庫県の小都市)の写真も出てきます……。近所の駅とかショッピングセンターとか、すぐ近所の家々まで出てきますよ……。(^_^;;;
私の自宅は奥まったところにあるのでさすがに出てきませんでしたが、近くの比較的大きな道路に面している家々は、庭やベランダまで写ってました。
……これ、危なくないですか?(^_^;;;

玄関が見えてる家で表札部分を拡大してみましたけど、表札の文字が読めるほどには解像度は高くないみたいですね。表札の大きさにもよると思いますが。(でも、表札がそこにあるという事実は十分わかります。)

駅前とかの写真を見ると、通行人が普通に写ってます……。(^_^;;;
Googleの説明では、顔は自動識別でボカすようになってるという話ではありますが。プライバシーって顔だけじゃないですよね。^^; ベランダの洗濯物とか見えまくりな気がします……。
場所によって便利だったり恐ろしかったりするサービスですね。(^_^;;; 駅とか公共施設とかそういった建物周辺の写真が見られるのはとても便利だとは思いますが。個人の自宅が見えるのはちょっとマズいんじゃ……?^^;;;

うちの近所の写真も出てくるということは、うちの近所でもGoogleの撮影車が走ったってことなんですよね……?(^_^;;;
無料サービスなのに、一体どれだけのお金がかかってるんでしょうか。(^_^;;;

知らない町でも360度の散歩気分──Googleマップ「ストリートビュー」 プライバシー対策は(@IT Media)
「ストリートビュー」のプライバシー問題、グーグルが方針説明(@INTERNET Watch)
Google Map日本版、「ストリートビュー」機能を実装(@The Second Times)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---