にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/10/31. 16:05:29.

「ジョン・ハンコックと書け」とは?

東京方面の某友人が関西に戻ってきてた事実を昨日知ったので、急遽(^_^;)神戸方面の某友人とあわせて映画を見に行ってきました。ウィル・スミス主演の「ハンコック」。

で、(物語の展開には特に関係ないので)ネタバレにはならないでしょうから書きますが、作中でハンコックが次のような気になるセリフを喋ります。

『ジョン・ハンコックと書けと言われて、それが自分の名前だと思った』

署名欄に「John Hancock(ジョン・ハンコック)」と書くよう言われたために、それが自分の名前なんだと誤解して、それ以後「ハンコック」と名乗っている……ということなんですけど。
なんで、「ジョン・ハンコックと書け」と言われたのかが不思議でした。

というわけで調べてみたところ、どうやら「John Hancock(ジョン・ハンコック)と書け」というのは「署名しろ」という意味で使われる表現らしいです。
日本での署名サンプルによくある「山田太郎/山田花子」みたいなもんでしょうか?(まあ、日本の場合、署名欄を指して「山田太郎と書け」とは言いませんが。^^;)

「John Hancock(ジョン・ハンコック)」というのは政治家の名前で、アメリカ独立宣言に署名した一人だそうな。その人が書いた署名がずいぶん派手で目立つものだったことから、「John Hancock」=「署名」という意味で使われるようになったんだとか。

で、その事実を知らなかった(or知ってたけど忘れてた)ハンコックは、『ジョン・ハンコックと書けと言われて、それが自分の名前だと思った』わけですね。

解決!
これが気になってたんですょ……、ずっと。(^_^;;;
すっきりしました。^^;

コメント

すっきり

投稿者 Anonymous : 2009年03月07日 00:08

すっきり、なるほどね!
ジョンハンコックさん有名だなぁ

投稿者 りんたろう : 2016年10月31日 14:17

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---