にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:34.

「GOSICK」が角川文庫で再刊?

GOSICK(ゴシック)桜庭一樹私が以前からとても気に入っている「GOSICK(ゴシック)」という小説シリーズが昔々富士見ミステリー文庫から刊行されておりました。(右写真:9冊)
ミステリー文庫というレーベルがなくなってしまったからか、ここ数年間まったく新刊は出てないんですけども。
この「GOSICK」が、どうやら角川文庫から再刊行されるようです。

直木賞を受賞されて以降、昔々ファミ通文庫から出ていた本が角川文庫で再刊行されたりしているので、たぶんその一環なのでしょう。

しかしですね。
「GOSICK」の場合、元が富士見ミステリー文庫だったんだし、あの内容からしても、ライトノベル層向けだと思うので、富士見ファンタジア文庫で再刊行すりゃ良かったんじゃないかと思うんですが……。(実際、ミステリー文庫からファンタジア文庫へ移った小説は他にもいくつかありますし。)

「GOSICK」は、武田日向さんの可愛いイラストも非常に萌えて良かったんですけども、角川文庫版では(Amazonで公開されている表紙を見る限りでは)イラストはなくなってるっぽいです。ちょっと残念。

しかし……、
これで、止まっていた「GOSICK」シリーズの続編が出るというのであれば、レーベルがどこであろうと歓迎ではありますが。
既刊の再刊というだけでなく、新刊も出るといいんですけどねー。

ちなみに、GOSICKシリーズは、コミカライズされたものがドラゴンエイジで連載されていて、富士見書房から出版されています。(既刊3巻)
絵は武田日向さんじゃないんですが、これはこれで可愛くて良いです。(*´ヮ`)

GOSICK ―ゴシック― (角川文庫 さ 48-20) 2009/9/25 角川文庫からの新装版
GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫) 2003/12 オリジナル版(既刊9冊)
GOSICK01 (角川コミックス ドラゴンJr.) コミック版 (既刊3冊)

--- (追記:9/25) ---

桜庭一樹先生の日記に、

角川さんから、おって挿絵つきのバージョンも刊行していただけるとのことです。

と書かれていましたので、2種類のバージョンが再発売されるっぽいですね。 武田日向先生のイラストは、そっちで見られるんじゃないかと期待しています。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---