にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:20:23.

ATOKに「推測変換モード」なんてあったのか

知らなんだ……。
ATOKが利用できる状態で、[Ctrl]+[変換]キーを押すと推測変換モードというモードになるんですね!このモードだと、通常の「省入力候補」の表示とは違って、1文字目の入力時点から、リアルタイムに推測変換候補がずらずらと表示されます。
この機能の存在は、全然知りませんでした。偶然キーを叩いて気付いたんですが。

ATOK推測変換モードの変換候補画面 ATOK推測変換モードの切り替えキー

従来(ATOKデフォルト状態の日本語変換中)でも、日本語入力中に省入力候補が表示されてはいました。
でも、1~2文字の入力では表示されず、ある程度の文字数を打つ必要があります。
(ユーザが自ら[Tab]キーを押せば、何文字の状態でもいつでも省入力候補の表示は可能ですが。)

ATOK省入力候補の表示
(▲デフォルトの状態で出てくる省入力候補。ここで[Tab]を押せば他の候補も出てくる。)

ところが、推測変換モードを利用すると、1文字目を打ったときから常時推測変換候補がずらずらと表示されるようになります。
こんなリアルタイムに推測候補を出す機能があったとは、全然知りませんでした。^^;;;

もっとも、長文をたくさん入力する場合には、リアルタイムにたくさん候補を出されると邪魔なだけだけなので、普段は使わないと思いますが。(^_^;;;

※上図は、ATOK 2007をキャプチャしたものです。
先日購入したATOK 2010は、まだインストールできてません。(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---