にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:25:31.

1ミリも抑揚がねえ!

今朝、いつものようにJR宝塚線で電車に乗りましたら、車掌さんのアナウンスがすげえ棒読みでした。
1ミリも抑揚がねえ!(爆)
どうやったらこんな平坦に発声できるんだ!? と、ちょっと驚きました。
お経でも、もうちょっと抑揚があるんじゃないですかね?

そういえば、昨日からJR宝塚線では、(普通電車の)長時間停車駅で、扉の開閉が手動扱いになりました。冷房しているからです。たぶん9月30日まで。
長時間(といっても7~8分ですけど)停車する駅の直前で、車掌さんが「自動では開きませんよ」とアナウンスします。が、そのとき、車掌さんによって「手動扱い」と言ったり「半自動扱い」と言ったり用語がバラバラです。

JR宝塚線を走る普通電車は、たいてい207系か321系車両なので、扉の横にエレベーターみたいな「開閉ボタン」が付いています。それを押すことで、開けたり閉めたりします。だから、人力で扉を動かすわけではないんですよね。

扉を動かすのは電力です。そういう意味では「手動」とは言いにくいので「半自動」という言い方をするんでしょうかね?
ただ、扉を開閉するためのボタンを押すのは手動なので(笑)、「手動」と表現してもおかしくはないと思うんですが。
車掌さんによって表現が異なるということは、JR的には統一された用語は存在しないということなんでしょうか。

そういえば、扉を開閉するためのボタンについても、「操作ボタン」と表現する車掌さんも居れば、「開閉ボタン」と表現する車掌さんも居ますし、「開ける・閉めるのボタン」と言った車掌さんも居たような気がします。^^;

まあ、こんな風にいろんな車掌さんが居るわけですが、
今日ほど無抑揚でアナウンスする車掌さんに遭遇したのは初めてでした……。
もう15年くらい毎日宝塚線に乗ってるのに。(^_^;;;
あの抑揚のなさは、お坊さんにも居ないんじゃないですかね?

あ、ハッキリとは確認しませんでしたが、車掌さんは人間だったように思います。
ちらりと目を向けてみたところ、人間っぽいシルエットだったので。
というか、コンピュータの合成音声の方が、もっと抑揚たっぷりあるよ!間違いない。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---