にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:19:57.

硬貨の鋳造費(発行益)、1円玉と10円玉は赤字

1円玉は「100%アルミニウム」を「1g」使って作られる硬貨です。
アルミ1gの価格は1円よりも安いらしいですが、1gのアルミを硬貨の形に鋳造するコストを上乗せすると1円よりも高くなるみたいですね。
なので、1円玉を溶かしても損にしかならないと。(※硬貨を溶かすのは違法です)

硬貨の額面から、その硬貨の製造コストを差し引いた分は政府収入になります。
1円玉から500円玉まで、すべての硬貨を合わせれば、硬貨発行益は黒字のようです。
でも、1円玉と10円玉に関してだけを見ると、発行するほど赤字が膨らむみたいですね。(^_^;;;
http://www.murc.jp/report/research/2003/0318.pdf (UFJ総研の資料p.2の図表4)

5円玉とか50円玉のように中央に穴が空いている硬貨は、元々は材料費を安くするために穴を空けることにしたんだとどこかで読んだ記憶があるんですけど、本当かな?(^_^;;;

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---