にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:54.

カバー側が白黒で、本体表紙側がカラー、って珍しい気が

カバーの方が白黒(黒色1色)で印刷されていて、カバーを外した本体側の表紙はカラーで印刷されている……って、よく考えたら珍しい気がします。
カバーの地の色が灰色なので、「白黒」というよりは「灰黒」ですが。

「人類は衰退しました。のんびりした報告」表紙 「人類は衰退しました。のんびりした報告」白黒カバーとカラー本体

カバーの所々に物理的に穴が空いていて、本体側の表紙が見えるようになっているのと、オビが黄色なので、全部を合体させた状態で一見すると、あんまり「灰黒」には感じないんですが。^^; (※上写真1枚目)
カバーとオビを分離してみると、カバーの灰黒さがよく分かります。(^_^;) (※上写真2枚目)

よく考えたら珍しいな、……と思ったのでした。
いやまあ、カバーに物理的に穴が空いているのも珍しくはあるんですが(^_^;)、カバーと本体とでの配色の逆転(?)ってあまり見かけない気がしまして。

これ、カバー側の「わたし」は衰退しつつある側の人類で、本体表紙側の妖精さんは世界を支配しつつある側の新しい人類なんですよね。^^; そういう意味で、衰退側は灰色で新人類側はカラーというのは、話の内容にはすごく合致している感じはします。^^;
そういう意味もある装丁なのかな……?^^;

これは、「人類は衰退しました」の、設定だけを使ってオリジナルの話を描いたマンガです。
原作小説の雰囲気がよく出ていて、面白かったです。
1巻(6話)で終わってしまって、特に続きはないようですが。(^_^;;;

人類は衰退しました のんびりした報告(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---