にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:23:50.

鋼殻のレギオス、とうとう本編完結……!

鋼殻のレギオス第24巻と第1巻長く続いた「鋼殻のレギオス」が、とうとう完結……!

最新刊の第24巻で本編がとうとう完結しました。
これ、どうやって終わるのかな……と、ちょっとヒヤヒヤしていたんですが、わりと自分が望んでいた感じで終わってくれて良かった。(笑)

たぶん、シリーズの途中までは、こういう終わりは考えてなかったんじゃないかな? と思うんですけども、どうなんでしょうか。 私自身、途中までは、こういう終わりを望んではいなかったんですけども、読み進むにつれ、こういう終わりの方がいいなあ、と望んでいたのでした。
ネタバレを防ごうと思って書いているので、何を言ってんのか分からないかも知れませんが。(^_^;;;

まだあと1冊、短編と後日談の中編を収録した第25巻が出るそうなので、第24巻は最終巻ではないようです。後日談も楽しみ。

しかしまあ、ずいぶん長く続きましたね……。
本棚から第1巻を取り出してみると、昔懐かしい、富士見ファンタジア文庫の旧共通デザインの表紙でした。(右上の写真参照)
今販売されている第1巻は、新しく作り直された表紙だと思いますが。
奥付を見ると、発売は2006年だったようです。

鋼殻のレギオスシリーズ(の一部)本棚にあるレギオス区画を見ると、第9巻から新デザインに移行したのだと分かります。(右の写真参照)
そうそう。昔は、(鋼殻のレギオスに限らず)サブタイトルの方が大きく背表紙に書かれていたんですよね。
やっぱりそれだと何のシリーズなのかが気付いてもらいにくいためか、途中からはシリーズ名の方を大きく書くように変更されています。

写真には第19巻までしか写ってませんが、それは長いシリーズだと本棚に連続した空間を確保するのがしんどいので、第20巻以降は別の場所に分散しているからです。^^;
最終巻の第25巻が出たら、改めて配置しなおそう……。かな……。
ただ、レギオスシリーズは、別途6冊ほど大きめのサイズの外伝的な本が出ているので、どっちにしても同じ場所に全冊は並べられないんですが。(高さが大きく異なるので)

鋼殻のレギオス(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---