にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:41.

Windows XPモードのアプリからタスクマネージャを開く方法

タスクマネージャVirtual PCを利用している状況で、仮想PC側のタスクマネージャを開きたい場合は、単純にVirtual PCウインドウのメニューから[Ctrl]+[Alt]+[Del]を送ってやれば良いだけです。しかし、Windows 7の「Windows XPモード」でXP用アプリケーションを起動しているときは、Virtual PCのウインドウが表示されないため、その方法ではタスクマネージャが開けません。

「Windows XPモード」では、一見するとWindows 7上でXP用ソフトが単独動作しているように見えますが、実際にはVirtual PC上の仮想環境でWindows XP自体が動作しています。なので、「今、XPモードで起動しているアプリケーション」以外にも、たくさんのプロセスが仮想PC上で動いているのですよね。

ホストOS側(Windows 7側)のタスクマネージャに見える「vpc.exe」は、Virtual PCのことです。このCPU使用率が高い場合、仮想PC上で動作している何らかのプロセスがCPUを食っていることになります。これを知りたい場合は、仮想PC側(Windows XP側)のタスクマネージャを開く必要があります。

でも、「Windows XPモード」だと、Virtual PCのウインドウが見えないので、ウインドウ操作では仮想PC側のタスクマネージャは開けません。

何か方法ないかな? ……とTwitterでつぶやいてみたところ、良い方法を教えて頂きました。

[Ctrl]+[Alt]+[End]キーで、仮想PC側の[Ctrl]+[Alt]+[Del]を押せる

仮想PC側の[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーは、Virtual PCのメニューから操作するほかに、ホストOS側で[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押すことでもいけるんでしたね。^^; これは、Virtual PC自体のウインドウが見えない「Windows XPモード」でも同様に機能しました。

「Windows XPモード」で動作するアプリケーションのウインドウがアクティブになっている状態で、[Ctrl]+[Alt]+[End]キーを押すと、仮想PC側(Windows XPモード側)のシステム画面が全画面で表示され、そこからタスクマネージャが起動できました!

便利です。
これなら、XP側デスクトップが見えない「Windows XPモード」を使っているときでも、仮想PC側のプロセスの一覧を見放題です。(^_^;)

「Windows XPモード」でアプリケーションを長時間起動していると、いろいろ仮想PC側の背後でもOSが何かいろいろゴソゴソと作業するので、それらを確認したいと思う機会がちょくちょくあります。そんなときには、この方法を使うと良いですね。
あとは、XP用ソフトがフリーズしちゃったときとかにも、この方法で(仮想PC自体を強制終了させることなく)単独のプロセスを強制終了できます。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---