にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2017/06/21. 12:23:31.

病院のエスカレータが看板と鎖で封鎖されて数ヶ月……

毎月通院している病院の入り口にあるエスカレータが、鎖と看板で封鎖されて、たぶんもう3~4ヶ月くらいになる気がします。(^_^;)

封鎖されたエスカレータ

この病院は、あらゆる受付や外来診察室が2階にあるので、1階の扉から入ると、目の前にあるエスカレータで2階に上がる必要があります。
敷地が斜面になっているので、奥の駐車場側から入る場合は直接2階に入れたと思いますけども。
多くの利用者は、この正面エスカレータを利用することが前提のデザインになっている建物です。(^_^;;;
でも、今、そのエスカレータ前にバリケードが築かれて(^_^;)、封鎖されています。

エスカレータの封鎖に使われている看板には、以下のように書かれています。

当院では、注意喚起の看板やエレベータへの誘導表示などの対応に努めて参りましたが、依然として転倒事故が減らないため、患者様の安全を第一に考え、当面の間エスカレータを停止させて頂きます。
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、右側のエレベータまたは階段をご利用願います。

エスカレータを避けて奥に入ると、小さなエレベータが1基と、その脇に小さい階段があります。
こんだけでっかいエスカレータがあるのにそれは使えず、奥の小さな階段を使わねばならんとは……。
まあ、別に階段は遠いわけではないので、すごく不便だということはないですが、「階段を使え」というなら、このエスカレータ自体を「階段」として利用させてくれれば済む気がするんですけどね。(^_^;;;
看板だけではなく鎖が巻いてあって、進めなくしてあります。(鎖をくぐれば行けなくはないですが、まあそこまでして使いたいわけではありませんから。^^;)
エスカレータの速度を落とすとか、なんか対応はできなかったんだろか。(^_^;;;

※エスカレータを利用することが前提のデザインなので、受付窓口の配置もエスカレータの正面になっています。階段からだと、受付からは若干離れていることと、他の診察室への導線も設けられていて、初めて来た人や久しぶりに来た人は、一瞬迷いそうな気がします。(^_^;)

なんとなく、転倒した人からの苦情が鬱陶しくて、責任者がブチ切れた結果……という気がしてなりません。(^_^;)

ちなみに、この写真には写っていませんが、手前側には、ものすっごく大きなサイズで「転倒事故多発」と書かれた看板もあります。
たぶん、どんなに近眼でも確実に見えるサイズです。(^_^;)
その看板は、相当以前から置かれていたような気がします。

さて、このエスカレータの稼働が再開される日は来るんでしょうか。

とりあえず、動かさなくてもいいから、階段としては利用させて欲しいです。^^;

コメント

前にテレビでエスカレーターを階段として使うと
なんかいろいろ大変だとか…っていっていました。
なので階段利用は…

ところで、なんで通院しているのですか?

投稿者 匿名希望 : 2014年06月07日 22:19

エスカレータ、なんか上手い解決方法はないもんでしょうかねえ。(^_^;;;
病院へは皮膚科に通っているのです。

投稿者 にしし : 2014年06月08日 11:28

コメント数: 2件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※ご投稿頂いた内容は、掲載前に管理者が確認する設定にしている場合があります。たいていは数日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

著者紹介


にしし(西村文宏)

にししでございます。本書いたり記事書いたりしてます。あと萌えたり。著書5冊発売中です(Web製作系4冊+小説1冊)。著書や記事は「西村文宏」名義。記事は主にAll Aboutで連載。本の最新刊は2011年3月に発売されたライトノベルでございますよ。

Twitter:にしし/西村文宏
にしし/西村文宏 on facebook にしし/西村文宏 on mixi にしし/西村文宏 on Google+ フォローはお気軽に!

にしし(西村文宏)連絡先
☕ コーヒーをおごる

著書一覧と詳細

関連する記事など

※下記には、本サイト内外の関連記事などが8本くらい自動で表示されています。

にししふぁくとりー Sakura scope内限定での主要なカテゴリ

--- 当サイト内を検索 ---