にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2016/04/14. 11:59:43.

ハヤカワ文庫「火星の人」を読了。おもしろい!

「火星の人」(ハヤカワ文庫SF)ハヤカワ文庫から8月に出たSF小説「火星の人」を読了。(原題「THE MARTIAN」アンディ・ウィアー著)
面白かった……!

中止になった火星有人探査ミッションの撤退中の事故で、1人火星に取り残された青年のサバイバルを描いた小説。
分厚い本編(570ページくらい)中の大部分で、登場人物は1人だけです。(途中に時々NASAの様子とか、宇宙船クルーの様子も出ては来ますが)
もうとにかく次々に問題に遭遇して、それを自前の知識と計算能力でなんとか解決策をひねり出して乗り越えていくのが見てて(読んでて)楽しいです。頭が良くなった気になれるので。(笑)
作中で起きる問題が、実際に火星に取り残されれば現実的に直面するよなと思えるものばかりな点がすごくリアルでした。

あと、何より一人称(日誌)の文体が軽くて面白いです。ユーモアのセンスが。「この状況からどうすんの!?」と思える、かなり命の危機に瀕したシーンでも、そこで出てくるユーモアあるセリフ(というか日誌の記述)に何度も笑えました。
これは、おもしろいです……!

分厚くて分量が多いので、寝る前にちょっとずつ読み進めてきました。たぶん10日くらいに分けて読んだのかな。
面白くて面白くて読書を中断するポイントがなかなか得られなくて困りました。(^_^;;;

本は分厚いんですが、電子書籍版も出ているようです。(オリジナルの英語版は、最初に作者のウェブサイトで無償公開されて、その後Kindle版を出して、最後に紙書籍になったらしいです。解説によると。)
SFが好きならもちろんお勧めですが、もしかしたらSFに興味がなくても楽しめるんじゃないかとも思います。

「火星の人」(ハヤカワ文庫SF)(@Amazon.co.jp)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---