にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:09.

画像をブラウザの幅に自動で合わせる際、拡大しすぎ・縮小しすぎを防ぐCSS

画像を画面幅に合わせる際、拡大/縮小しすぎを防ぐCSSレスポンシブ・ウェブデザインを採用しているウェブサイトに画像を掲載する場合、様々な画面サイズでも問題なく見えるように若干の工夫が必要です。
例えば、画面サイズ(ブラウザのウインドウサイズ)に合わせて、自動的に掲載サイズを変化させる、とか。
画面サイズに合わせて画像の掲載サイズを自動追随させるのは簡単なんですが、このとき、「縮小され過ぎる」・「拡大され過ぎる」という問題もあります。

  • 「画像をウインドウ幅に合わせて表示したいが、本来の大きさより拡大はしたくない」
  • 「画像を画面幅に合わせて表示したいが、極端に拡大されたり縮小されたりするのは避けたい」

……のような、自動で画像の掲載サイズを変化させたいんだけど、それでも条件によっては変化に制限を設けたい、という場合があるんですよね。
私の場合は、「基本的には本来のサイズで掲載しておきたいものの、画面が狭い場合には自動的に縮小させたい」という場面が結構あります。

そんな、画像の表示サイズを自動で閲覧環境に合わせたい場合に遭遇する、ちょっとした問題を解決するためのCSS記述方法をAll Aboutで紹介しました。

画像を画面幅に合わせる際、拡大/縮小しすぎを防ぐCSS(@All About ホームページ作成)

複雑なテクニックは一切なく、ほぼ1~3行(CSSのプロパティ1~3個)程度で記述できる簡単なものです。
基本的な話なので、覚えてしまえば、いろいろ応用が利くと思います。

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---