にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:28.

「ハクメイとミコチ」第2巻を読了。独特の濃い世界観

楽しみにしていた「ハクメイとミコチ」第2巻を読了しました。9ヶ月ぶり。(前巻の発売からは1年ぶり。)
相変わらず、微細な背景の描き込みが大変そうです。^^;
その分、とても魅力的なこの世界の雰囲気がすごくよくわかります。
基本的にはモノクロですが、巻末に掲載されていたカラーのおまけページも良かった。

ハクメイとミコチ第2巻表紙 ハクメイとミコチ第2巻裏表紙

この世界では、ハクメイとミコチらのような《9センチサイズの生物》がメインっぽいですけども、それらよりもサイズの大きな生物がたくさん居るんですよね。どの生物も言葉を話すっぽいですが。それらが共存しています。どれが多いのかな。^^;

ハクメイとミコチらのような9センチサイズの人々が、みんなぷにっとしてるのがかわいい。(^_^;;;
なんだろうなあ。「萌え」とは若干異なると思うんだけど(のんびりしているように見えて、実はすごくたくましく生きているので:笑)可愛さがあって、独特の濃い世界観がすごく楽しいです。
次巻(第3巻)も楽しみです。
連載誌の「ハルタ」が年10冊刊行の雑誌だから、第3巻の発売は2015年1月になるのかな……?^^;

関連日記:
「ハクメイとミコチ」第1巻をようやく入手。独特の世界観が楽しい。(2013年3月 9日)
「ハクメイとミコチ」を買ってみようかと思ったら売ってなかった(^_^;)(2013年1月20日)

コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---