にしし ふぁくとりー(西村文宏 個人サイト)

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2015/09/22. 13:18:51.

さくらインターネットのレンタルサーバの容量が10年前と比較して300倍に

当サイトで使っている独自ドメイン nishishi.com を2000年に取得して以来、ウェブサイト用のレンタルサーバには「さくらインターネット」を利用しています。機能面でも価格面でも気に入っています。
このレンタルサーバが今日から、料金はそのままで、容量が3倍に増えました。^^;(コースによっては5倍)

私が今契約しているのは、年額5,000円の「スタンダードコース」です。従来の容量は10GBでしたが、今日から30GBです。
それを2つ契約しているので、合計60GB。
さすがに、ウェブ上にそこまでのコンテンツを置くことは(少なくとも現時点では)なさそうですが。^^;;;

サーバのコントロールパネルから、現在の使用量を見てみると、メインサーバは3.28GB、サブサーバは655MBでした。(^_^;;;
ほとんど空きですね。^^;

さくらインターネット:契約サーバ1の空き容量 さくらインターネット:契約サーバ2の空き容量

最初に契約した2000年の時点では、「さくらインターネット」は、格安レンタルサーバサービスというわけではなくて、個人向けレンタルサーバの利用料は年額15,000円でした。容量は、わずか300MB。
今から考えると、300MBだとかなりの低容量ですけども、当時はプロバイダ提供のウェブスペースで10MBあれば多い方、無料のウェブスペースだと1MBしかないサービスもざらだった頃だと思います。(^_^;;;

で、そんな「さくらインターネット」が、複数の(個人向け・ビジネス向け)契約コースを開設して、格安レンタルサーバサービスの一員のように呼ばれるようになったのが(たぶん)2004年です。

年額5,000円の「スタンダードコース」は、容量1GBでのスタートでした。
それが、2008年には(料金そのままで)容量が3GBに増量
さらに、2010年には、10GBになりました
で、今日から30GBです!^^; 最初の300MBから比較すると100倍!

13年前は、15,000円で300MB。……なので、5千円あたりだと100MBです。
つまり、単位料金あたりの容量で比較すると、なんと、300倍です!^^;

ま、HDDの単位容量あたりの価格はずーいぶん下がりましたからねえ。
ネットワークの帯域もすんごく広くなりましたし。

2000年の頃だと、自宅の回線は何だったかな……。
さすがに、ダイアルアップでテレホーダイ接続という時代ではなかったと思いますが。
もしかしたら、TA(ターミナルアダプタ)を使って、ISDNで接続していたかも?^^;
どうだったかな……。

まあそれはどうでもいいか。(^_^;)
ともかく、レンタルサーバの容量が増えた! という話でした。
実際のところ、容量面ではメインサーバでも3GB程度しか使っていないので、上限が10GBから30GBになっても、特に影響はないんですけどね。(^_^;;;

私が同じレンタルサーバを2つ契約しているのは、容量が足りないからではなく、CPU使用時間(=負荷)の問題を解消するためですので。(^_^;;;
2つのサーバでうまく分散できれば良いんですが、現状ではメインサイトの大半がメインサーバの方にあるので、かなり偏っています。今進行中のリニューアル作業でもそこまでは気を回せていないんですが。(^_^;;; もうちょっと考えないとな……。^^;

ま、何にせよ、少ないよりは多い方が良いです。ウェブサーバの容量。^^;


コメント

コメント数: 0件

コメント投稿欄 この日記に対するコメント投稿を歓迎します。

保存しますか?



※本文中にURLは書けません。(書くと投稿が拒否されますのでご注意下さい。)

※投稿内容は、実際にページ上に掲載される前に、管理者によって確認される設定にしている場合があります。その場合は、投稿後にその旨が表示されます。たいてい1~2日以内には表示されるはずですので、気長にお待ち願います。m(_ _)m

トラックバック

このエントリーへのトラックバックURLを表示するにはここをクリック
※スパム防止のため、トラックバックURLは別ウインドウで表示します。(JavaScriptが有効でないと表示されません。)

--- 当サイト内を検索 ---