にしし ふぁくとりー:西村文宏 個人サイト

Presented by Nishishi via Movable Type. Last Updated: 2018/02/19. 10:40:51.

Sakura Scope (2009年02月)

ちょっと倒錯気味な、ただの日記です。(^^;)
これはやばいと思われた場合は、お早めに閲覧を中止されることをお勧め致します。

ディズニーが日本市場向けに製作した「ファイアボール」が笑い萌える

私のマイミクさんが日記で紹介されて知ったのですが、ディズニーが日本市場向けに製作した「ファイアーボール」というアニメがあります。
おもしろいです。全13話、思わず一気に全部見ちゃいました。
1話約2分というすごく短いフルCGアニメなんですが、なんか独特のリズムというか空気というか雰囲気があって、全13話一気に視聴しちゃえます。
笑えます。そして……、これは萌えだ!

ぜひ、見てみて下さい。全13話見ても22分程度です。1話2分弱ですから細切れに見ても大丈夫。
笑えます!
お嬢さま……。

  • ニコニコ動画: http://www.nicovideo.jp/watch/sm6168009 (全13話一括)
  • YouTube: http://www.youtube.com/view_play_list?p=40FCC71535261CF9

2001年から発行してきたメルマガが250号に

発行本数250

私がAll About上で2001年から発行してきたメールマガジンが、昨日発行した号で250本目になりました!
第1号を発行したのは、2001年6月27日(水) でした。約8年前です。
いつの間にか8年近くも経ったんですねえ……。

次は300号に向けて頑張ります。
月2本の発行だから、50本発行するには25ヶ月必要です。とすると、300号は2年後か。^^; 10年目あたり?

記事も250本超

ちなみに、All About上で公開している記事の本数を数えてみたところ255本でした。記事には「第何号」みたいなカウンタがないので気づかなかったんですが、こっちも250本超えてたのですね。^^; (過去に公開を終了した記事が数本あるので、書いた本数としてはもうちょっとあるんですが。)

サイト開設当初は、月に『記事2本・メルマガ4本』だったのでメルマガの方が本数が多くなっていたんですが、途中から『記事3本・メルマガ2本』になったので、徐々に記事本数の方が追いついてきていました。……が、気づかないうちに追い越していたとは。^^;;;

とすると、記事の総本数が300本になる方が先ですね。
月3本の公開だから、45本発行するには15ヶ月です。来年の春過ぎ頃かな?

アンケート結果

担当Pさんからメルマガ250号のお祝いメールが届いていました。
それによると、昨年にAll Aboutで実施した読者アンケートで、「とても参考になる」と答えたユーザー数(の割合?)が、All Aboutサイト内でも高かったとのこと。ありがたや、ありがたや。
非常にモチベーションの向上要因になります。ありがとうございます。

来月の予定

2月分の原稿は、記事もメルマガも完了。3月の記事は、2日・12日・22日の公開でいきたいんだけど、どうかな……。公開はこの日程でも、実際の原稿はかなり前倒しで書いておかないと。
3月はとにかく忙しいので、スケジュールをしっかり調整して時間配分をきっちり考えておかないといけません!(`ω´)

というわけで、頑張ります。

図書館の霊?

夕方、図書館で資料を物色した後、ノートPCで原稿を執筆……していたつもりが、そのまま突っ伏してぐーすか寝てました。……ら、

ふと、左の肩を叩かれたような気がして、はっと目が覚めました。
一瞬、図書館内を巡回している司書さんかと思ったんですが、振り返っても誰も居ません。
見渡せばちらほら人は居ますが、私の肩に手が届く範囲内には誰も居ません。

実は、肩を叩かれた気がして目が覚めたのはこれが初めてではないのです。
以前も、ぐーすか寝ちゃって、ふと肩を叩かれたような気がして目が覚めることがありました。でも、背後には誰も居ないんですよね。

…………これは、図書館の霊?

今日、そのおかげでちょうどいい時間の電車で帰れたんですよね。
やっぱり、何らかの存在が気を利かせて起こしてくれたのかな……!

ちなみに実は過去1度だけ、司書さんに肩を叩かれて起こされたことがあります。
ノートPCを脇に放置したままぐーすか寝ると盗難に遭う可能性があるから、ということでしたが。^^;
ううーん。巡回中の司書さんが電光石火の速度で移動しつつ私の肩を一瞬叩いて去っていった……とかいうオチ?

「龍角散ダイレクト」なる薬を発見

「龍角散ダイレクト」咳が止まりません……。
例年、この時期になると1~2週間くらい咳が止まらなくなるのですが、今年は何か長いです。
今月初旬に1週間ぶっ倒れた期間を除いても、咳が始まってから2週間近くになるのでそろそろ治まってくれても良さそうなもんなんですが。

で、龍角散を飲んでいるのですが、龍角散は粉ですし、必要な分量だけ持ち歩くということができません。
なんか持ち歩ける薬を買おうかな……と思って薬局に入りましたら、「龍角散ダイレクト」なる薬を発見しました。(右上写真)

これ、スティック状のコーヒー粉みたいに、1回分の分量の龍角散がスティックに入ってます。
それを開けて、そのまま口に放り込んで飲めばいいだけ。
便利ですね……。

しかも、普通の龍角散と違って、ピーチの味が付いてます。
粒が大きいので、空気中に飛び散ることもないですし、飲みやすいです。
16包で700円くらいでした。

1日6回。最低2時間の間隔を空けて飲めとありますので、だいたい3時間おきくらいに飲んでます。
これで咳が止まってくれるといいんだけど。

---(追記)---
という話をmixiに書いてみましたら、コーラスに参加している某Lさんがコーラス前に愛用していると返事くれてました。
これ、新しい製品というわけじゃなくて、結構以前からある薬だったのですね。^^;

季刊雑誌「ゼラチン」

鳴子ハナハルさんのセーラー服激萌え少女が表紙の季刊雑誌「ゼラチン」買ってきました。
ワニマガジン刊 「季刊ゼラチン」 2009 はる号 (右写真)
表紙イラストのセーラー服少女が激萌え。(*´ヮ`)
掲載されているマンガの半分くらいがフルカラーのマンガ雑誌です。(表紙イラストを描かれた鳴子ハナハルさんのマンガはないようでしたが。^^;)

マイミクさんの購入物リストブログを眺めていましたら、この激萌え表紙にぴくっと反応しまして。「これは何だ!?」と質問しましたら、ワニマガジンから今月初旬に刊行された新雑誌「ゼラチン」だと教えられまして、早速買ってきました。

「最先端美少女系完全オリジナルコミック」と銘打たれてまして、掲載されているマンガの半分くらいがフルカラーです。こりゃすごいなあ……。(まだ表紙に萌えただけで中身は読んでませんが。)

とらのあなで特典ポストカードを付けるキャンペーンがあるようだったので、とらのあな梅田店で買ってきたんですが、既に配布は終了してたみたいです。残念……。(今月初旬の発売ですからね……。)
まあでも、欲しかったのはこの表紙絵のポストカードで、表紙絵は、少し大きめのがポスターとして綴じ込まれてたので、別にポストカードはなくてもいい感じですが。^^;

季刊ということだから、次は3ヶ月後か。

変な夢を見た……!

変な夢を見ました……。
あまりにも変だったので、飛び起きてメモしました。(^_^;)
見た夢は次のようなものです。

友人A・Bと一緒に3人でショッピングセンターらしきところへ出かけました。
なぜか、すごく山奥。電車は30分に1本しか走っていないところ。
でも、ショッピングセンターはすごく巨大で綺麗です。店がいっぱいあります。

そこで銀行に入ったんですが、なぜか窓口の前には足湯があります。
なんか温泉地とかにあるような足湯。
銀行の窓口なのに、みんな靴脱いで足湯で暖まりながら待ってます。(笑)

銀行内に足湯があるのに、さほど疑問には感じませんでした。
「珍しい銀行だなあ」くらいには思ってましたけども。
私はその銀行のキャッシュカードは所有していないのですが、友人Aが所有していたので、三人で一緒に並んでいます。
靴脱いで足湯に浸かりながら。

すると、皿に盛られたお菓子が出されました。豆系のお菓子です。
友人Aの前に出されたお菓子を、なぜか隣で(足湯に浸りながら)待っているお姉さんが横から手を伸ばしてバリバリ食べ始めました。

とても美味そうです。
友人Bと私は、そのお菓子が食べたいがために、そこの銀行で口座を開こうと思ったほどでした。
しかし、友人Bが口座を開設しようとしても、なぜかうまくいきません。
窓口で銀行員にゴネる友人B。

結局、口座は開設できなかったものの、なぜか皿に盛られたお菓子だけはゲットできまして、3人で歩きながら皿に盛られたお菓子をバリバリ食いました。大きめの丸いマメ系のお菓子で、確かに美味でした。

美味いなあ……と感想を語り合いながら歩いていましたら突然、食い終わってカラになった皿を、友人Bがショッピングセンターの広い通路の真ん中でフリスビーのように投げ飛ばしました。

私と友人Aは焦ります。あれだけゴネてお菓子をもらったのに、皿は投げ捨てるんかい!と。
すると、何を思ったのか(一緒に焦っていたはずの)友人Aも突如、脇にある店の壁に走っていって、そこに大量に積み上げられていた赤色の段ボール(たぶん製品の箱)を両手で崩し始めました!

控えめな彼はそんなに大量に崩したりはしなかったのですが、いくつかの箱を崩して喜んでいます……。二人の奇行に私はさらに焦りました。ちょっと逃げた方がいいんじゃないの?と。
案の定、警備員が走ってきます。
が、なんか友人Bが丸め込んで事なきを得ました。彼は何でも丸め込むのが得意です。さすがだな!

ショッピングセンターの通路をどんどん移動すると、子供服フロアにたどり着きました。男3人でこんなところをうろつくのは犯罪的なので、早々に立ち去ろうとするのですが、なぜか店の前で変な歌を歌って客引きしている店員のおじさんに捕まりそうになります。

夢の中では、その変な歌詞も明確に聞こえていて、それをネタにして店員の頭のおかしさを語り合ってたんですが、歌詞の内容は残念ながら忘れてしまいました。1度聞いたら忘れられない系の特徴的なメロディーだったと思ったんですが、現に今忘れちゃってることを考えると、そんな大したもんじゃなかったのかも知れません。
そういえば、店員のおじさんは、なんかサンタクロースの格好をしていたような気がします。

で、変な店員さんが絡んできそうなのを撒いて、さらにショッピングセンターを移動します。
すると、いつの間にか、会員制の店に居ました。(何の店なのかは分かりませんでしたが。)

友人Aがそこの会員証を作るべく予約していたらしいのですが、何らかの手違いで会員証が届いていなかったらしく、友人Aがカウンタのお姉さんに文句を言っています。
なんと、会費が月額21万円もします。
一般人には口座が作れない足湯の銀行といい、会費21万円の会員といい、ブルジョアだな、友人A!

で、カウンタのお姉さんは、仕事にやる気がないのかして、特に探そうともせず「再発行になります」と繰り返すだけ。それに友人Aが文句を言います。「また再発行料を取る気なのか!」と。
で、やる気のないお姉さんに代わって、自らカウンタを乗り越え、奥の壁一面にある棚を探し始めます。自分の会員証がどこかにあるはずだと。

私もなんとなくお手伝いします。……が、会員証は見つかりません。
仕方なく再発行手続きをすることになりました。私が友人Aの荷物の中から会員情報を掲載した書類を発見して、再発行書類を書くカウンタのお姉さんに番号を伝えます。

このときなぜか、『私が番号を読み上げて』→『それを聞いた友人Aが、カウンタのお姉さんに口頭で伝え』→『カウンタのお姉さんが申請書類に番号を書く』という伝言ゲーム的状況になってました。三人とも目と鼻の先に居るのに。
今思えば、明らかに間に入る友人Aの存在は不要なんですが、そのときは特に疑問には思いませんでした。

で、番号がハッキリ伝わらないことにカウンタのお姉さんが文句をブツブツ言います。「あんたが書いた方が早いんじゃないの?」と。その物言いに、また友人Aが文句を言います。^^;;;
私はそんな彼をなだめつつ、延々と番号を読み上げ続けます。長え番号だな。

で、結局再発行手続きができたのかどうかは分からないまま、いつの間にか帰りのバスに乗ってました。

バスが駅に到着すると、目の前に電車が止まってます。
「あれに乗らんと30分待ちやで」と私が言うと、みんな電車に猛ダッシュで走っていきます。電車には無事に乗れました。

なぜか、自動改札ではありません。
昔懐かしいJRの有人改札でした。切符を切る駅員さんがいます。

で、電車に乗ると、友人Bがなぜか自分の切符を捨てました。
切符を捨てちゃったら困るだろう?……と私と友人Aが言うのですが、友人Bは、「切符を買ったという証明書があるから大丈夫だ」と主張します。
確かに、彼の手元には、切符を購入したという事実が記載されている1枚の書類らしきものがあります。これで駅員を説得するつもりのようです。

最初から切符を捨てずに持っていればそんな面倒なことは必要ないんですが、なぜか彼はそうしました。(私も夢の中ではその行為に特に疑問は感じませんでした。^^;;;)

いつの間にか下車駅で電車を降りていて、改札口。
駅員さんは証明書ではダメで切符が必要だと言います。「まあ、そうだよなあ」と私と友人Aは思いますが、友人Bはゴネます。証明書があるんだから切符を買ったことに間違いはない!と。

私はその証明書を手にとってよーく読んでみます。
すると、「切符を購入したことは証明するが、切符を紛失した際には再度の購入が必要」というような文面がありました。
「ここにこう書いてあるよ……」と私は友人Bに説明します。やっぱり切符をなくしたら再度買わなくちゃいけないんだと。

……そんなあたりで目が覚めました。(^_^;;;
トイレに行きたくて目が覚めたので、トイレに行きたいと思わなければまだもう少し続きが見られたかも知れません。

目が覚めてから、夢のあまりのおかしさに、必死で忘れないようにメモを取ったのでした。(笑)

以上。
特にオチはありません。

クーたんに萌えろ!(*´ヮ`)

クーたんに萌えろ!(*´ヮ`)最近は忙しくて全然ぱにゃってません……。(´・ω・`)
もう何ヶ月ログインしてないだろうかなあ……。

で、何やらパンヤ公式サイトでクーのキャンペーンが行われているようです。
クーのハッピーパーティ(@パンヤ)

クーの表情が変わるFlashゲームがあります。
大砲をクリックしてリボンを落として、うまく箱の上に載せるとにっこり微笑みます。
大きく失敗すると怒られます。(笑)
そして、微妙に失敗すると、泣き顔になります。激萌え。(*´ヮ`)
(右上キャプチャ参照^^;)

デフォルトの表情も良いですし、大砲から発射されるリボンがうまく落ちたときの表情も良いですが、うまく落ちなかったときが一番……!(笑)

梅田でうどんを食うと相場は850円前後なのねえ

梅田で昼食を食べるつもりはなかったんだけど、電車内でノートPCを使って原稿を書いてたら(睡眠不足なためか)気分が悪くなったので、うどんを食うことに。
しかーし。
梅田でうどんを食おうと思うと、安くても750円くらいはするのねえ。店はたくさんあるけど、どこもだいたい850円とか950円とかそんな価格でした。まあ、外食というとそんなもんだろうけど。

大学の食堂とかショッピングセンターのフードコートとかだと、座席にゆったり座ってもだいたい300円程度でうどん食えるのに。
やっぱり、場所代が高いんだろうなあ。

と、睡眠不足の電車酔いで悪くなった気分を払拭すべくぐるっと梅田を回ったら、大阪駅の御堂筋改札前に、立ち食いのうどん屋を発見。立ち食いだと安いですね……。気分も回復してきたしお腹もちょっと減ってたので400円のエビ天うどんを食べましたけど、月見うどんとかだと300円台だった気がします。

立ち食いの場合、店舗スペースがそんなに要らないことと、客の回転率が高くなることから、ここまで安くできるんですかね……。あとは、作るのに手間がかからないというのもあるか。なんせ、うどんの他には、あるのか無いのか分からない程度のネギと、かまぼこ・エビ天しかないもんねえ。水もセルフサービスだし。

そういえば、阪急電車の比較的大きな駅には「阪急そば」があったと思うんだけど、最近見かけません。(まあ、あんまり阪急電車には乗ってないんですが)
梅田にはないのかなあ……と思ったら、なんと、主に京都線の特急電車が停車する8号線ホームの奥に「阪急そば」があることを発見。

こんなとこ、7~8号線あたりに電車が停車してたら絶対に気づけないよ……。(^_^;;;
そこしか場所がなかったのかも知れませんが、あんまり良い立地じゃないですね。駅ナカとはいえ。
今まで阪急梅田駅は相当な回数利用してきましたけど、こんなところに「阪急そば」があるのには今までまったく気づきませんでしたよ……。

梅田駅は1~8号線まで毎分何らかの電車が出たり入ったりするので、駅の端の壁が見えるタイミングってなかなかないんですよね。京都線の特急を利用している人々は(ホームの真横だから)当然知ってるでしょうけど、宝塚線とか神戸線を利用してる人々は、「阪急そば」店舗の存在自体に気づいてない人々も多いんじゃないでしょうか。(^_^;;;

高熱でまるまる1週間も倒れてました

なんと、まるまる1週間も伏せってしまいました……。(先週火曜日~今週月曜日)
7日間も倒れるなんて、過去最長かも。
熱はずっと37~38度あたり。
インフルエンザではなかったのですが、まさか1週間も倒れるとは思いませんでした。
おかげで仕事が溜まりまくりです……。

2月初旬から7日間がごそっとスケジュールから抜け落ちてしまったのはかなーり痛いです。
健康は大切だなあ……。

今日は、念のため自宅にずっと居ましたが、朝からずっと原稿執筆。
終わらねえ……。(^_^;;;
明日もがんばります。

以下、朦朧としつつも記録したmixi日記からのサルベージ。(修正もしてます)
※「今日は作業できません……!」、「今日も倒れてます……!」という連絡を毎日各所に送る必要があったので、そのついでに状況も記録してたのです。(^_^;)

2月3日(火)

朝、熱が出てしまったのでさっき近所の内科へ行ってきました。
インフルエンザのチェックってすぐにできるのかと思ったら、高熱が出ていないうちは反応が出る可能性は極めて低いのだとのこと。昨夜38度を超えていたのなら調べられるが、今37.4度の段階ではチェックしても無駄だろうと。
とりあえず、諸症状を抑える薬とかをもらってきました。
むう。
原稿を進まねばならんのですけど……、ここでこじらせて数日間ダウンしてしまうような事態を避けるには、やはり今日は静養しておくべきなのか……。

2月3日(火):夜

夜、体温は38度4分まで上昇。
38度を超えたなら、やっぱりインフルエンザなのか……?

2月4日(水)

昨日、熱が最高38.4度まで上がって、夜中はだいたいずっと37.4~8度あたりでした。 今朝はかってみたら36.8度。 ずいぶん楽になりました。 今日1日休んでれば大丈夫かな……。(私の平熱は、だいたい35.8度くらい)

2月4日(水):夜

……と思ったのに、夜、油断して風呂に入ったらそこから熱が上がって悪化。

2月5日(木)

体温は37度のまま。今度は咳が激しくなってきて止まらなくなってきた……。
咳をすると喉が痛いし、咳を我慢すると腹筋が吊りそうになる。(ノД`)
身体の関節も痛いし、顔を固定したまま眼球だけを大きく動かすと、目の上縁あたりにも痛みがあるんだけど、これ何?(^_^;;;
解熱剤(ロキソニン)を飲んだら熱が下がったので、さすがに3日も休んではいられないということで自宅で原稿執筆。
しかし効率悪い……。

2月6日(金)

朝、内科へ。咳止めとかもらう。
熱は36度8分あたり。私の平熱からすると、まだ1度高いんですが、人間の平均的な体温から比較すると、もう「微熱」という枠内なんですね。

2月6日(金):夜

……とか言ってると、夜にまた体温が38度を超える。

2月7日(土)

昨夜また38度を超えたので昼に内科へ行ってきた。先週の火曜日から3度目。こんな短期間で何度も医者へ行ったのは初めてじゃないか?
昨日、内科へ行ってからインフルエンザに感染したんじゃないかという疑いもあって検査したけど、インフルエンザではなかった。
なんなんだいったい。
とりあえず、無理して仕事すると長引いても困るので、もう昨日からずっと寝っぱなし。
今日も寝る。
なんとか、日曜日一杯で完治して欲しい。
……と思ったけど、急ぎの仕事が1件入ったので、30分ほど作業。(完了)
回復してから作業させて頂こうかと思ったんだけど、2/11のイベントの告知だったので、まあしょうがない。(^_^;;; それほど時間のかかる作業ではなかったので良かった。

2月8日(日)

もうしっかり治すしかないと思って1日静養。
内科でもらった咳止めが強力だったようで、咳はずいぶん鎮まってくる。

2月9日(月)

なんとか回復。
自宅で原稿執筆系の仕事を再開。
先週からずるずると待っていただいていた、某会社の担当者さんに「なんとか人間と会話可能なくらいには回復しました」と連絡を入れる。(^_^;;;
夜、少し電話で話。

2月10日(火)

念のため出かけずに自宅で仕事。

2月11日(水)

回復を確信。ようやくだ……。
祝日だし、出かけずに自宅で仕事。

……というわけで、現在に至ります。
こんなに連続してずっと自宅に居たのは何年ぶりだろうか。(^_^;;;

さて、大量に溜まっている仕事を片付けていかなくては……!

代表的な風邪の初期症状を順番に体験?

最初は確か鼻づまりだったと思うのです。
で、薬を買って飲んで、治まりました。

すると数日後、今度は頭痛がして、寒気もしてきました。
で、薬を買って飲んで、治まりました。

そして昨日、喉が痛くなりました……。
今、ちょっと寒気がしたり、身体の節々が痛かったり……

1時まで仕事して、なんとか今日のノルマを達成してから寝ようかと思ってたんだけど、頭が回転しないのでもう寝ることにします……。
本当は、某A社の原稿も書いてしまう予定だったんだけど、これはもうネタを考えただけで、まったく進んでません。せめて今週中にはなんとかしないと。

鼻づまり、頭痛、寒気、喉痛・咳。
代表的な風邪の初期症状を順番に少しずつ体験しているような……。(^_^;;;
まあ、一気に来ないだけマシか……?

とにかく寝ます。

薬の価格って

薬の価格って、なんで薬局によって激しく差があるんでしょうね?
例えば、頭痛がしたときに購入した青色のベンザブロック(30個入り)の場合、

  • 阪急梅田地下街にある単独の薬局だと、1箱¥1,700円くらいでした。
  • 某ショッピングモール内にある薬局だと、1箱¥1,200円くらいでした。

まったく同じ薬なのに500円も差がありますよ!

で、本日、(喉の薬を求めて)寄った薬局で見てみたら、なんと1箱¥2,100円で販売されていました。最高値です。
最安値の薬局と比べると、同じ薬なのに900円も差がありますよ!
どういうことなんですかっっっ!

薬ってどういう流通方式なんだろう?
食料品とは全然違うなんか特殊なことになってんでしょうか?

2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

他の月

--- 当サイト内を検索 ---